読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバイバー夫婦の日常ブログ

精神科サバイバー夫婦のおもしろ奮闘記

精神医療を信じて大量の薬を飲んでいた暗黒時代

精神医療を疑うことなく精神科病院の門を叩いてしまった10数年前の私。

今にして思えば仕方のない話。

病気になったら病院に行くのが当たり前と思っていた訳だし、私の症状はうつ病の症状であると家庭の医学にも書いてあった。

社会の常識や家庭の医学を疑えない人が精神医療を、疑えますか?無理ですよね笑

精神薬で死にかけて精神薬や精神医療を完全に断ち切った真のサバイバーか?余程頭の良い人じゃないと精神医療や一般常識を疑う事は難しいと思います。

壮絶な経験をしていても気がつかないまま精神科の過剰な精神薬強制投与や電気ショック等で亡くなる方は大勢いらっしゃると思います。

私の周りはサバイバー的な人が多かったけど、夫は若くして亡くなった人達を何人も見てきています。

私達夫婦は薬漬けの暗黒時代、通っていた病院と疾患名と年数に違いはあるものの医師や医療従事者の言う事を素直に聞いてしまう優等生だった為、医療福祉関係者からは重宝がられ精神医療の関係者や患者達と交流を図る機会は非常に多かった事を思い出します。おかげさまで精神医療福祉に関して言えば、知らないことの方が少ないくらい色々と知る事が出来ました。はっきり言って…命がけで手に入れた知的財産のひとつです。

病院の種類としては、精神科病院でもサービス業として割り切った営業をされているところや、うちはバックに国などがついてんじゃい!と偉そうに役人づらしているところと様々だし、疾患名についてもお医者様がその場で最新の病名を作ったり毎年増えるので数え切れないし覚え切れないし覚えなくていいと思うけど、夫は中でも1番名誉のありそうな統合失調症の称号を20年も維持していたので周りにも同じ様な人達が集まり、その結果として亡くなる人が多かったのだと思います。

亡くなる原因は自殺か入院治療中の原因不明の死です。原因不明な訳ないけど笑

怖いですが、現実です。

世の中から排除されたり不運が重なり辿り着く。

無理をしたり一般常識を疑えず辿り着く。 

誰でも辿り着く事が可能な精神医療の世界。

私の話が信じられないなら、試しに精神科病院を受診して家庭の医学に書いてある様な症状を訴えてみてください。

すぐに診断がついて精神薬が処方されるはずです。

演技力で診断名や処方箋は変わるかも知れないけど、結局は診断名も処方箋も精神科医のその日の気分かポリシーによるもので科学的根拠はないのです。

演技をすれば、いつでも誤診して薬や診断書くれるなんて…転売目的で薬が欲しい人や年金不正受給したい人にとっては 美味しい話で、精神科最高!となる訳ですが…

冗談はさておき、大切な家族や子供をすぐに精神科病院に連れて行き無理矢理薬漬けにしたり無理矢理入院させたりして殺す様な行為は絶対にやめましょう。

私の様に自ら行くのは自己責任だし別に止めませんけど、一旦あっちの世界に行くとなかなか普通の世界には戻ってこられなくなりますのでご注意を。

 

 

もっと詳しく精神医療や精神薬について知りたい人の為にリンクを貼っておきます。

全国オルタナティブ協議会ホームページ

 http://alternativejapan.org/

全国オルタナティブ協議会発起人ブログ

八咫烏(やたがらす)メンタルヘルスの罠

http://ameblo.jp/sting-n/

精神医療被害連絡会ホームページ

http://seishiniryohigai.web.fc2.com/

 精神医療被害連絡会ホームページFC2

http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/

内海聡医師による断薬セミナー

https://m.youtube.com/watch?v=BrTgOFvVtcQ

新春第一弾 「精神科は今日もやりたい放題」著者 内海聡先生講演会

https://m.youtube.com/watch?v=tn7kB_prfw0