サバイバー夫婦の日常ブログ

精神科サバイバー夫婦のおもしろ奮闘記

洗濯洗剤とアトピー性皮膚炎

ふと思ったことなんだけど、私の知ってるアトピー性皮膚炎の人って洗濯洗剤だけはケチりたくないとか、お洋服から洗剤の芳香剤が香ってるとか、アトピー性皮膚炎である事を自慢げな感じで言ってくる人とか、ステロイド薬を好んで飲んだり塗ったり、風邪薬が好きですぐに飲んだらしてる人が多いな〜と思って。

 

食事も、産地や遺伝子組み換え、農薬に至るまで全然気にしてなくて、カロリーも全く気にしてなくて、脂っこい美味しそうなモノばかり作って食べてる人がとても多い。

親子揃ってアトピー性皮膚炎とかも多い。

 

どれだけ衣類の素材や、ホコリ掃除などに気を使ってこだわっていても、洗濯洗剤をドカドカガバガバ入れてお洗濯したお洋服を着て、脂っこくて美味しそうなご馳走ばかりをバクバク食べていたら、アトピー性皮膚炎になりますよね笑笑笑

 

おまけに、お風呂に薬品を入れたり、薬品を塗ったり、しまいには飲んだりね。

 

多すぎるんだよね。色々と。

せっかくお洋服の素材にこだわったり、毎日ホコリ掃除を頑張ったり、3日おきにお布団を干したり、3日おきにシーツを変えたりしているなら、食事にも最高のこだわりを持つべきだし、洗濯洗剤の使い方も間違えるべきではないと思うんだけどね。

 

確かに脂っこい美味しそうなご馳走はたまにはいいとは思うけど、そういうものを毎日食べる事で身体がどう蝕まれていくかを考えて勉強するべきだし、洗濯洗剤をドカドカガバガバ入れて洗濯洗剤の匂いが残ったような衣類を長時間来た場合に皮膚がどうなるか?考えて欲しい。

香りで頭が痛くなる人だって世の中には沢山いますよね?

眼の粘膜に付着すれば目は痒くなるし、喉の粘膜に付着すれば咳は出るし、鼻の粘膜に付着すればクシャミもでるよね?それと一緒で皮膚の掻きむしった粘膜にすすぎきれなかった洗濯洗剤が付着すれば痒くなりただれるのは当たり前の結果な訳で笑笑

 

要は身体が、身体にとって不自然な合成洗剤に拒否反応を示して痒くなったり、ただれたりしてるんじゃないのかな?

食べ物のアレルギーに関しても、食べ過ぎたらアレルギーになりやすいというけど、身体が拒否反応を起こしているんだと思う、要は嫌がっている。

 

嫌な事を我慢し続けると精神的にだって参ってしまうし、身体にだって不調をきたす事がありますが、身体の声や心の声を聞いて、自分を労わることが大切。

 

不自然なモノは衣類にしろ洗剤にしろ香水にしろ薬にしろ身につけない食べないを徹底した方が良いと思う。

それと身の回りのゴミを捨てて埃が溜まり辛い、掃除しやすい部屋を作る事。

すぐに解熱鎮痛剤などに頼らず、不快な症状も薬で抑えるのではなく、原因を究明してそこを根こそぎ取り除く、足し算ではなく引き算的な考え方。

 

私はアトピー性皮膚炎ではないけれど、自己免疫疾患のためハッキリ言って偉そうなことは言えないけど笑

身体の症状を愛して、原因を断つしかないのだと思う。ガンとか色々あるけど。

 

症状を抑え込む為に薬品を塗ったり飲んだりするのが一番良くないと思う。

子供とか可愛そう過ぎる…

 

 

 

 

 

で、、、またもや愚痴日記になるのですが、久々にレモンのシフォンケーキを焼いている最中のオーブンレンジを舅に消されて、、、急いで加熱し直したけどイマイチ膨らまず少し焦げてしまい、、、直接謝ってきた舅に対し、少しキレたふりをしてやったんだけど、ブログを書いてるうちに腹立つ気持ちも治まってきたけど、なんで年寄りは余計な事ばかりすんのかね?泣笑

 

私にとってブログはストレス発散、息抜きの場だから、ダラダラと愚痴日記を綴る事も多いですが、どうぞお許しください(ノω`*)これでも毎日育児やら相方の面倒?笑やら、姑舅とのいびり付き完全同居にと頑張っているんです✌️

 

さーて、娘が爆睡している間に私も寝なくっちゃ、、、おやすみなさい😴💤